それぞれの想い 1

  • 2017.08.10 Thursday
  • 23:00

20周年イベントが終わってKinKiもまたいつものソロ活動モードになった。

 

少し、冷静な気分?になって考えたこと。

 

 

 図書館でちょっと前の号の週刊誌、スポーツ紙を読んだりしたけどそれでもまだ追いつけない。

 ファンでもついていけないくらいの取材をこなしてのテレビ出演等。剛くんの身体が悲鳴を上げたのだと思う。

光一さんも同じだという人もいるかもしれないけれど、剛くんの方が雑誌の連載もソロのラジオ、テレビの仕事がコンスタントにあるし、「Shock」は集中してスケジュールを組めるし、その合間に自分でバンメンさんたちのスケジュールを調整しなければいけない剛くんに比べたら恵まれた環境だと思う。

 

 これまで彼らに対してほとんど何もしなかった事務所が20周年になって急に彼らを盛り上げた裏にはやはり「SMAP問題」があるのも一つの要因だと私は思っている。その話題を隠す目的もあったのだろう。

 

 もう10年以上も前、アイドルに何の興味もなかった私がkinkiと出会いJタレをひと通り観た時にそれまで私が観ていた舞台俳優たちに比べて彼らを「ベニヤ板(化粧板)」と称したことがあった。でも今回、タレント自身ではなく、タレントを扱う事務所の姿勢がベニヤ板なのだと実感した。

 

 重度の難聴なのに適切な治療も受けさせずに1週間放置しておきながらニュース番組には入院させた日を発症日と報道させた。「zero」での特集の報道は日テレの誤報というより事務所が誤った情報を発信したのだと推測する。入院の時もスポーツ紙には「大事をとって」となっていたのも同じことだろう。(光一さんがそういう言い方したのだっけ?)

 

 入院中も集中治療で少しでも恢復していたらあの時横浜スタジアムに立たせるつもりだったのだろう。退院後の数十本の針も同じ事。間に合わせで何とかなると思っている。

 

 ネットで情報が簡単に手に入るこの時代において突発性難聴をちょっとでも調べたら、第一報の時点で横スタのイベントが予定通りの形で出来ると楽観したファンがどれだけいただろう。にもかかわらずどんどんビューイングまで進めた挙句直前での発表、払い戻しまでチラつかせたり、予定より1日遅れて抽選までした挙句ビューイングの中止。この事務所、本気でファンとタレントのことを考えているとは思えない。この後に及んでも保身に走る事務所。

 

本当は別のこと、20周年ウィークだけを振り返るつもりだったけど、剛くんのソロのスケジュールが、(やっぱり、)キャンセルしている今、あんまり冷静にはなれない。

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2017.08.23 Wednesday
  • 23:00
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM