特等席

  • 2017.04.26 Wednesday
  • 23:07

例によってだいぶ前に書きかけていたものを遅ればせながらアップしました。

 

 

ようやく仕事も落ち着いてきた三月末にディアギレフ生誕100年記念特別上映を見た。

TOHOシネマ日本橋は初めてだったけどスクリーンの大きさも座席もゆったりして心地よかった。

パリ・オペラ座というだけでダンサーの名前までは確認出来なかったけど、どのパフォーマンスも素晴らしかった。

上映された四作品の中では一作品だけ知らなかったけどなかなか面白い、というかバレエリュスの中では珍しい?ノーマルな楽しい作品だった。

「牧神の午後への前奏曲」は今観ても衝撃的な作品だと思う。今回改めて背景の美しさにも気がついた。「ペトルーシュカ」は大好きな作品だし、それにしても男性ダンサーがこれだけ主役の作品が多いのもすごい。すごい贅沢な時間を過ごせた。

 

 映像がまるで前から10列くらいのセンターあたりの客席で観ているようなアングルなのも嬉しい。WOWOWなどでも舞台中継はあるけれど、やたらアングルに凝り過ぎて舞台演出を台無しにしてしまいかねないのもある。それに家では画面も小さいし部屋の中は超現実、たとえ家族が外出している時に観ていてもそれだけの時間を雑音等に中断されることなく画面の前に居続けるのは難しい。

だからこうして大きなスクリーンで見ることができる自空間そのものが贅沢。

本物のパリ・オペラ座公演はたしか今年もあったけれど行かなかった。一番安い席種でも1万くらいするし、それでも上野の文化会館の5階のサイド席から見下ろすのが精一杯。それに比べたらこの方が気軽に堪能できる。

それに今回は映画館スタッフの心遣いかバレエファンの常識からか、指定席だったけどパフォーマンスシーンの間に客席を通過する人がなく、僅かなカテコシーンの間に着席。(最初の2演目は短編だけど3作目が始まってから入られた方は座れたのは最後30分位だっただろう。)日頃ライブでもソロコーナーになると腰をかがめることも無くうろちょろしたり立ち止まったりするJのコンサートにうんざりしている身にはこの空間は至福の時だ。

 

 

スポンサーサイト

  • 2017.10.18 Wednesday
  • 23:07
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM