それぞれの思い 3

  • 2017.08.21 Monday
  • 21:52

  横浜スタジアムでのイベントの時点で感じていたことだが、放送が延期された「Zero」のインタビューを見てその思いが強くなった。

 

 インタビューの問いは同じでも二人のニュアンスは違った。スタンスが、というより質問の捉え自体がちぐはぐな気がした。

あるいは番組の編集がそう感じさせたのかもしれないが。

 

 光一さんにとっての一番の関心は目の前のテレビ番組と横スタでのイベントを独りでどう乗り切るか、につきたと思う。出られない(これも耳の問題ではない)剛くんの無念さ、悔しさは察しても彼のコメントからは事務所やファンに支えられてイベントまで乗り切れた安堵感すら感じられた。

これからのKinkiについてもあのコメントからは剛くんの耳のことを考えた上で、とは感じらっれなかった。(個人的には「今できること」ではなく、「今できないこと」に言及してほしかった。)彼にとっては当面の難局を乗り越えてひと安心、これからは「Shock」に専念して終わった頃には剛くんもどうにかなって年末にはドームくらいの感覚しかないのではないかと思ってしまった。

 

  当事者である剛くんからはテレビ等のレギュラーも含めてみんなに迷惑をかけていること、(これって病気そのものに加えてすごいストレスだと思う)、そしてこのままの状態でこれから音楽活動をしていくこと、生きていくことについて語っていた。質問も20周年云々ではなかった。それを物語るように剛くんは東西のフェス、平安神宮ライブまでもすでに中止を発表。更新されたウエブ「LF」のたった一行が彼の悲鳴に聞こえた。

 

 保身に走っている事務所とは正反対に今、ウエブでバンメンさん達が、ミュージシャンたちが剛くんにエールを送ってくれている。この人たちがいれば大丈夫。私たちファンにとっても心強い存在だ。

 


 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM