小喜利の私

  • 2017.11.13 Monday
  • 23:10

 もしかしたら今年になってから生で剛くんを見るのはこれが初めて?

 

     

  そんなことをふと思った。

年始の京セラドームコンには行かなかったし、前半にソロ活動もなかった。先日のドリフェスも家の都合で断念した。

 

 

 とはいえ、当日はそんなことも頭にないほど慌ただしく会場入りした。

 現在の職場から浅草公会堂はそんなに交通の便が良くない。仕事を終えて駆け込むように向かうと入口付近にはチケットを求める人の列。

 

 入り口を通ったところで渡された記念品を何も考えずにバッグに締まってたけれど、それがその回のお題、アンケートだったと気がついた時にはもう係員が開演間近を伝えていた。

贅沢を言ってはいけないけれど今回は久しぶりに遠い席、銀テが届かない席。階段を上がって客席に入った時にはほとんどの人が着席していた。

 

 

  相変わらず?(いい意味で)B級感覚というかレトロというか、あの事務所がよくやる最先端の贅を尽くした演出とは正反対のシンプルなスクリーンでオープニング。

周りのゆるキャラ(しかも中はスタッフらしい)と共に登場、で場内の空気が変わった。前にも書いたけれど穏やかな空間。

 

 剛くんの部屋にいるような空間の中、私が観た回の天の声は橋本直さん。申し訳ないけれど名前も顔もこの時が初めて。(だと思う)何しろ私はお笑いに限らずほとんどテレビを見ないのでここ数年に売れているテレビタレントの方はほとんど知らない。

 剛くんと仲のいい芸人さんの傾向だと思うけれどこの方もまじめな方だなって感じた。時々一緒になって回答に参加するときも冴えていた。

 

 5周年を迎えて初期のころに比べると小喜利もそれなりに変わった。

 前はテンポよくお題が出てそれに対する答えも幾つかあったけど、私が観た回はお題は10問くらいでよくある「辞書の開いたページの言葉」というお題はなかった。

2部では天の声さんも隣に座ってお題に対するファンの答を発表して広げたり(みなさんよく考えているなと感心した)、より待ったりした空間。

 笑う、というより癒されるという感じ。

 

 お題の答えを考えている間に天の声、橋本さんは剛くんのファンということで「美しい」をいろいろなニュアンスで連発していた。でも仄かなライトの中でうつむき加減な剛くんの顔は確かに美しかった。もちろん、形もそうだけど陰影に彼が歩んできた人生を感じてこの人は見た目もさることながらも中身がよりずっと強く美しく時を重ねてきたのだと感じた。

 

 

 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM