四季の顔

  • 2018.07.20 Friday
  • 22:14

 浅利慶太さんが亡くなられた。

最近は四季の第一線を退いたみたいで最近のミュージカルファンはご存知ない方も多いかもしれない。

 

 宝塚で舞台の魅力に惹かれ、東宝ミュージカルに通うようになった私が最初に観た四季の公演が「コーラスライン」の日本初演。市村正親さんや久野綾希子さん等の劇団員の他に前田美波里さん等が出演していた。その後「ジーザス~」で山口祐一郎というスーパースターが誕生して、私自身もミュージカル熱が高まり、月に一度はミュージカルを観劇するぞ、と思ったりしたけど当時は毎月どこかで上演しているほどではなかった。

 

 それから「エビータ」の上演権争奪戦で四季が勝ち取った時辺りから雲行きが変わった。

 

 宝塚から入っている身としては劇団なのになぜオリジナル作品じゃなくて海外作品をやりたがるのか、と不信感めいたものを抱いた。

 一部雑誌で浅利さんは政界進出のうわさも目にして、あまり劇団の演出家としては好印象はもてなかった。

ほかにもいろいろあって、けっきょっく私は日本のショービズから遠ざかった。

 

 その間に日生劇場からキャッツ・シアター、汐留に新しい劇場を建てた時は政界進出はしなかったけれどやはり政界、財界に繋がりの強い方なのだなって思った。

 あれよあれよという間に日本の主要都市に専用劇場を設けて常時公演を可能にしたのは日本のミュージカルの発展に欠かせないことだったと思う。いつあれだけの劇団員を要請したのかしら。

 私からは作・演出家というよりプロデューサーというイメージが強い。劇団の公演を可能にするため、興行的にも成功させるためのあらゆる手段を講じた人。

 前にも書いたけれど汐留で観劇後、多くの観光バスが連なったのを見て驚いた。おそらく観光業界とも何かしらの提携をしたのだろう。ミュージカルに縁遠く、都会にもめったに出ない人たちも足を運んで生のミュージカルに接したのだろう。

 

 いつの間にか男性は四季出身の俳優が東宝ミュージカルを支えるようになって、福岡にいた井上芳雄少年とミュージカルを結びつけるきっかけになったことも大きい。

 ジャニーさんの「You、やっちゃいなよ」ではないけれど、浅利さんの「一音外す者は去れ」という厳しい言葉も有名。

 

 ここ数年は劇団から一歩退いた形らしく、どこまでが彼の手掛けたシステムなのかはわからない。

でも間違いなく日本のミュージカルの発展は彼なしにはあり得なかった。

 奇しくもこの夏は四季が上演権を持っている大作「コーラスライン」「エビータ」そしてバージョンは違うけれど「オペラ座の怪人」。

 

 ご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メディアヘの露出過多

  • 2018.07.17 Tuesday
  • 13:24

KinKiのDVDが発売になるけれど今回は特にプロモーションはないのかな。

現在はそれぞれのソロ活動の真っ最中だから。

といっても「銀魂2」に関しては昨年同様、剛くんはほとんどプロモーションに加わていない。

それだけ福田監督が頑張って事務所はやる気なかったんだなってわかりやすい。

 

 

 それに引き換え、光一さんの「ナイツテイル」は・・・。

 

 元から雑誌等を細かくチェックするタイプではない。

月刊誌ならタイミングが合えば目にする程度。それでもここのところの「ナイツテイル」絡みの宣伝が半端ないことは知っている。不自然なくらい仲良しぶりを強調している2ショットが表紙の雑誌が書店に並ぶけれど私自身は辟易して読む気にもなれない。

 

 芳雄くん自身が「人生でマックス(の露出)」といっていたけれど、本当にすごい、らしい。私自身は何も具体的には目にしていないが、あちこちのメディアで取り上げられたり、そもそもたかが東西の劇場それぞれ1ヶ月公演のために号外を発行したり、ラッピングカーを走らせるなんて東宝の舞台公演では考えられない。そのうち日テレあたりが特集を組むのでは?

 

 この騒動を見ていてふと、「ミレニアム・ショック」の頃を思い出した。J初の帝劇出演とあってメディアヘの売り込みも大々的で、その反動かラジオが一人ずつになるきっかけでもあったね。

 当時は舞台を観ながら「政略結婚」という言葉が浮かんだ。

今回は強いて言えば、winwin コンビ、というところか。

 これでミュージカル界の市民権を晴れて手に入れたいという光一さんと、Jのメディア売り込みに最大限に乗って名前と顔を売りたい芳雄くん。

もちろん、二人とも境界線を引いていたわけではない。

光一さんは仲間に入れてもらいたいだろうし、芳雄くんはかねてから四季と宝塚、東宝etc.やミュージカルとストプレ云々区別はいらないと公言している。

 

 それとやっぱり境界線があること、お互いのファンがそれぞれ相手に対して警戒心があるのを解きたい、という意味もあるのかな。つまり、友達だから優しく接して、特に光一さんファンに対して、剛くんに対するような真似はしないでね、と。

 

 でも、これはミュージカル界の境界線がどうこう・・という問題じゃないよね。

チケットはすでに完売で私を含めて一般ミュージカルファンで劇場へ足を運ぶ人がどれだけいるだろうか。ついでに言えば座席の料金設定とか発売方法とかミュージカルというよりジャニーズシステム。プレビューと本公演が同一料金、なんて初日とどう違うの?

 

 私から見ると「光一さんとおもてなしをする井上芳雄とゆかいな仲間たち」という構図に見えてならない。

いくつかのテレビを見た限りでは光一さんがすごく芳雄くんを頼っているように映った。そりゃそうだよね、光一さんはそれだけミュージカル界とは実質的には接点がない。

 それに光一さん、本当にミュージカル界に市民権を得たいならやっぱり他のミュージカル俳優と同じ位置に立とうよ、と思う。「レミゼ」のオーディションでバルジャンとか目指さなかったの?あれだけ筋肉あれば馬車を動かすシーンも説得力あるよ。それとも受けたけど落ちたの?

 秋に「トップハット」(これもJ色強いけど)に挑む坂本くんの方が市民権を得ている。

 

 一方の芳雄くんについても思うところはある。

銀魂2 ムビチケ顛末

  • 2018.07.16 Monday
  • 22:27

 先週は一気に「銀魂2」で盛り上がった。

 

なんといっても「銀魂2」絡みでの新譜リリースの話。ライブ中に締め切りとか話していたのはこの事か。

映画本編の主題歌?という期待の声もあったが、やはり映画の中の高杉のイメージがあるから難しいだろう。でもスピンオフなら一人のアーティストとしての剛くんを銀魂ファンに知ってもらえる。よくあの事務所が了解したな。だーふく監督が頑張ってくれたのかな。みなとみらいのことも知っていたし、ミュージカルが好きなのも意外だったけど。

 

 そしてムビチケ騒動?。昨年は参戦しなかった。今年も迷ったけど、元同僚と会食する日程を決めるのに「13日が都合がいい」と言われたので参戦することにした。昨年の経験もないし、映画館はあまり行かないので勝手がわからない。不安半分、だーふく監督の4倍というワードをどこまで信じて何時頃どこへ行けばいいのか。前夜に待ち合わせ場所でもある日比谷のミッドタウン、ダメならピカデリーへ移動、という予定を自分の中ではたてた。

 当日は朝からすでに並んでいる人がいるのに驚き、とりあえず水と残っていたお菓子だけを手に家を出た。

電車に乗って目的地までにSNS をチェックするとすでに完売のところもあるというのに心が揺れた。途中下車してまだ少しは残っているという近い映画館に変更した。正確には引き返した。

その映画館につくと嵐の去った後か、という雰囲気。やはり高杉だけ完売。力が抜けて、カフェで遅めの朝食をとりながら再度スマホをチェックするとミッドタウンはこれから販売らしい。どうせこれから行くところだからダメもとで、アイスコーヒーを一気飲みして日比谷ミッドタウンヘ。

 ここもすでに並んでいる人はいなかった。一応「銀魂のムビチケ」と言うと、係のお姉さんから「高杉ですか」と。発売初日の平日午前中に来るのはやはり高杉目当てくらいか。

 

 ようやく念願の高杉カードを手にひと安心。ブンブブーンでKinKiと芳雄くんが見たのと同じ景色を味わった。

そして情報に振り回されて無駄な動きをした自分を反省。災害時でも正確な状況判断ができないと命取りになるのにじぶんはまだまだだな、準備もしてなかった。

 ふと、まだ整理券でコンサートチケットを確保していた頃を思い出した。キョードー東京に早朝から並んだけど仲間内の情報で東京ドームに移動して徹夜した。キョードーはBブロックセンター、ドームはAブロックサイド。で、地元に(当時はチケットセゾンだったかな)Aブロック最前列があったと聞いてこの数日何だったのだろうかと、落ち込んだ。

 

 それはともかく、関西の友人は仕事で断念していたので1枚譲ることにした。

 全体的にはTOHO系は多めでその周辺は若干多めという配分なのかな。早々と完売した地方に回されて再販されるといいのだけど。

海宝くんのコンサート

  • 2018.07.15 Sunday
  • 22:06

 

 ポスト井上芳雄といわれる育三郎くんを始めとする世代(アラサー)の中で私は海宝くんが一番だと思っている。

 

初めて「レミゼ」でその歌声を聴いた時は芳雄ファンとしては脅威すら感じた。四季での活躍は目覚ましいけれど、東宝ではちょっと物足りない。事務所が大手じゃないからかしら。私の中では秋の「MA」のフェルゼンの第一候補だった。その年のNHKのラジオドラマで共演したのでよけい期待が高まっただけに、キャスト表を見た時は落胆した。

 その分?今年はミュージカルの本場、ロンドン、ウエストエンドでデビューしたのだから東宝のアイドル系?の作品に出演するよりよっぽど価値がある。

 

 そんな海宝くんのコンサート。これまで何度も落選して行くことができなかったけど今回初めてチケットを確保できた。

今までミュージカルの舞台を中心に観てきた海宝くんが一人でコンサートだとどんな感じなのか、海宝ファンってどんな人たちなのか、興味津々でもあった。

 まず感じたのは若い女性が多い、といってもJのイベントで見かけるタイプとは違う。もちろん、年配の方も多いし、通路を「芳雄くんが・・・」と言いながら通りすがったご婦人方もいた。で、男性客、しかも個人で来ている。もちろん、アベックも多いけど、家族連れがいるのは四季のミュージカルファンか。

 

  東京オペラシティコンサートホールも初めてだったけど細長い感じのホールで本当にクラシックのホール、という感じ。そんなに高くないステージ上の楽器とマイクが並んでいつも私が行くタイプのコンサートとは違う編成。ミュージシャンたちも人数的には多くないけどドラム、ギターからバイオリン、ビオラ等多彩な組み合わせが印象的。

 

 ほぼ全部ミュージカルナンバー。一部は尊敬するアラン・メンケンさんの作品、二部はロンドン初の作品から。海宝くん自身が実際に演じている曲、「自慢の息子」とか「日差しの中へ」とか聴くとまた「アラジン」「ノートルダムの鐘」観たい!と思ってしまう。

 

ゲストもなく曲やメンバーを紹介しながらコンサートは進んでいったけど1幕後半のファンからの質問タイムはかなり時間を取ってくれた気がした。ウエストエンドで歌った曲をちょっと歌ってくれたり、まさかのソプラノ、クリスティーヌには驚いた。

 高音の美しさはわかっていたけど今回は低音のたくましさに驚いた。そういえば芳雄くんの低音が響いたのも4回目の「M!」の頃だったからやっぱり男声は30代に入ってから安定してくるのかしら。

 

 それにしてもセトリを見てもお分かりの通り、芳雄くんとレパートリーがほぼ同じ。2幕オープニングの「ジーザス~」の曲もつい最近芳雄くんがラジオで歌ったばかり。聴き比べるにはアレンジや英語と日本語の違いで一概には言えないけど、同じ曲でもキャラは違うなと思う。海宝くんの方が骨太な感じ。将来バルジャンやファントムを演じる人なのだろうな、と改めて感じた。それでいながら「ビリーエリオット」からの「電気」は少年のようで、本公演はダンスが目立ってしまうけれどエルトン・ジョンらしい名曲で聴いていて涙が出てしまった。

 

 ラストが「シスターアクト」からの曲にはびっくり。アラン・メンケンさんの作品とは知っていたけれど映画のイメージが強いからてっきりアメリカ発の作品だとばかり思っていた。

 

 本当に直球で勝負できる人だと改めて感じた。2幕で着ていたキラキラのスーツは今年ゲスト出演した坂東玉三郎さんの時に作ってもらったのを頂いたとか、玉三郎さんもさすが太っ腹とよけいなことに関心。(これはチケが取れなかったのと残業で断念)

 

 今度はバンド、シノアタイプとしての海宝くんを見てみたい。今年は「ジャージーボーイズ」があるけれどその合間にまた四季とかあるのかな?あるとしてもその中のどれかとかなかなか観るチャンスがないのが残念。

 

 

 

 

秘密の花園

  • 2018.07.09 Monday
  • 22:45

 千秋楽が迫った先週、クリエで「シークレット・ガーデン」を観劇。

 

 余裕をもって家を出たのにまさかの利用電車が運転見合わせで初めてオープニングを見逃した。オープニングはけっこう説明的な要素が多いからそこを見逃すとストーリーを理解するのに苦労する。

 

 クリエは小さいとはいえ、後方列だとキャストを確認するのにも自信がない。かといって遅れた上に音を立ててオペラグラスを出すのも失礼なので一幕は我慢。

お腹もすいているし、連日深夜のスポーツ観戦で睡眠不足、さらにけっこう場内は冷房が効いていて途中睡魔に襲われた。(決して演者や作品が悪い訳ではない。)

 

 幕間に食べ損ねていた軽食をいただきながらロビーにあった相関図のプリントで解釈が正しかったことを確認した。

 

最近のミュージカルは本当に子役の比重が大きい。

 しかも子役達がそれなりに応えている。だからこそいろいろなミュージカルの上演が可能になったのかもしれない。

 

 この作品も石丸さんが座長でセンターだけど実質的には少女メアリーが主役みたいなもの。

大人に混ざって大人の観客を前に歌も芝居も見事に演じていた。

 

 石丸さんはキャラ的には「パレード」を思い出すような感じ。出番的にはそんなに多くないけど歌は安心して聴いていられる。おかしな話だけど実は最近のミュージカル、安心して聞ける歌い手はそんなにいない。

 

 弟ネヴィルの石井一孝さん。お決まりの敵役、(というほどではないけど)この手のポジションが多いこの頃。汗かきエディが恋しいわ。でもみんながいい人のミュージカル。

 

 メイド役の昆夏美ちゃん。登場した時からその訛りにビックリ。彼女のイライザも観てみたかったな。

最近はキムとかエポとかきれいじゃない格好の役が続いている。私の中では今でもオフェーリアなのだけど。ちょうど「ブリグラ」の再放送を見ていたので、稽古中といっていたのはこれだったね。その「ブリグラ」で振り幅広いキャラを演じているので違和感がない。大熱演、好演だったからカテコの拍手も大きかった。

 

 そしてなんといっても花總さんの存在感。なんてドレスが似合うのだろう。まるで少女漫画の世界そのもの。宝塚を去った時点でも娘役というより女役でおかしくないのに今でも娘役といった感じ。男役だけでなく、娘役も所作とか物腰、ドレスの着こなし等身に付けていくものなのだって思う。

だから「エリザベート」が宝塚出身者なのも単に小池先生だから、という訳じゃないのかも。きれいなドレスを着ても馬子にも衣装だとしらけちゃうもの。彼女の役のシチェーションにぴったり。

 

 庭をどう表現するのか、装置もプロジェクションマッピングも盛んな中、なるほど、この作品にふさわしいな。

ラストはハッピーエンドなのに涙があふれてしまうような、優しい作品。

 

 今度再演されるときは絶対に最初から観たい。

 

 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM